iPhone8分解調査 完了しました

2017.11.28

iPhone8_1_171127.jpg

おはようございます iPhone修理GENIE名古屋店 桜井です
1階のエレベーター前で内装工事をしていると思ったら 串カツ屋さんができるようです。
今時珍しく 丁寧にごあいさつ頂きました
グルメレポートはまた 後日ということで

さてさて、iPhone8購入し早速分解しました。

結論としては、iPhone7とほとんど同じ 
しいて言えば より分解しやすく修正されております
なんて言っても iPhone8=iPhone7s(iPhone7のマイナーチェンジですから)


iPhoneの機種 だんだん見分け方が難しくなりますよね。
背面にiPhone8って書いて欲しいぐらいです

今回は大丈夫。iPhone8の背面はガラスが貼られています
iPhone8_2_171127.jpg
まるで、iPhone4/iPhone4Sを思い出します

今回はiPhone8分解の様を写真でお届けしたいと思います

iPhone8_3_171127.jpg
まず、最初にもうお約束です
iPhone5から本体下部に星型のねじ2つでとまっています
これを特殊ドライバーであけます

iPhone8は耐水性能のため、iPhone本体とフロントパネル(液晶、タッチパネル、ガラス)の間に耐水パッキンで1周覆われています。フロントパネルを開けることでパッキンが取れる為耐水パッキンを全て綺麗にとって貼りなおす必要があります。

iPhone8_4_171127.jpg

iPhone7同様まずは右開きです。上部にはインカメラ(内側カメラ)、イヤスピーカー(耳元のスピーカー)のケーブルが、下部には液晶、タッチパネル、ホームボタンのケーブルがそれぞれ基板に対して接続されています。

iPhone8_5_171127.jpg
フロントパネル側と基板側の接続を全て外した状態です
左側がフロントパネルになります。イヤスピーカー、インカメラケーブル(インカメラ、近接センサー、イヤスピーカーとの接点、環境光センサー)、ホームボタンがセットになっています。

右側が本体、基板になります。大部分がバッテリーです。
本体上部にはリアカメラやWIFIアンテナが、下部には充電口、メインスピーカーが
iPhone8と異なるのはバッテリーと基板の接続部分の隣に非接触充電用のケーブルがあります。

iPhone8_6_171127.jpg
フロントパネル側を全て分解したのがこちらの写真です
iPhone7とほとんど変わりません
iPhoneの液晶画面が割れたり、液晶が故障した場合は、このフロントパネルを入れ替えることで修理が可能です。そのため、程度にもよりますがバキバキになったバキフォンでも綺麗に修理可能なのです。また、基板はそのままのため、データや設定を変更するわずらわしさはありません。

iPhone8_7_171127.jpg
iPhone7とiPhone8フロントパネルを比較すると、フロントパネル上部がiPhone7は爪が3か所あり、開けるときにスライドした上で開かないといけません。
耐水パッキンがしっかりくっついているので開けるのが手こずってました。
バキバキや液晶不良のiPhoneであれば、まだ開けるのに気が楽ですが、バッテリー交換などは絶対に液晶を傷つけることができません。
iPhone8は少し修正してあり、スライドせずにそのまま開ける構造に変更されてました。
修理する人にとっては大変ありがたい変更です。

この後、組み立てていき無事 動作しました。
全く問題ないですね。
iPhone8_8_171127.jpg

これで 第1回目 iPhone8分解調査 終了したいと思います
最後までありがとうございました
iPhone8_9_171127.jpg

**********************************
名駅徒歩3分 即日修理
iPhone修理GENIE名古屋店
名古屋市中村区名駅3-24-10 真生ビル4階
http://www.genie-nagoya.jp/
フリーダイヤルは0120-964-130
iPhone画面割れ 液晶割れ バッテリー交換など可能
なんでもご相談ください
**********************************

修理を予約する