強化ガラスの厚み比較 車両窓 VS iPhone画面

2017.11.16

train_glass171114.jpg


2017年9月21日 川崎駅から品川駅に向かって走っていたJR東海道線の車両で窓が割れる事故がありました。

過去にも田園都市線に使われていた窓ガラスが割れた事故もあり投石が原因なのではないかと言われています。

田園都市線で使われていたガラスは厚さ3mmで通常の3~4倍の強度がある強化ガラスを使っていたそうです。また、今回のJR東海道線の車両の窓ガラスは5mmでこれも強化ガラスです。


それでは、iPhone液晶画面の強化ガラスは厚み何mmでしょうか?
単純に疑問を感じたので実際に測定してみました。

まず、測定に用いた機種はiPhone6s、フロントパネル(ガラス、液晶、タッチ)を交換修理後に残ったアップル純正のフロントパネルを用いました。

まず、フロントパネルのうち、ガラスと液晶とタッチパネルを分離しました。
ガラスにはタッチパネルの黒い膜が残り剥がせませんでした。

そこで、写真のようにiPhoneのフロントパネルの真ん中でまっぷたつに切断し、その断面からガラス厚みをノギスを使って測定しました。
iphone_depth_mesurement_171116_1.jpg

その結果、フロントパネル総厚みは約2.5mm そのうち、ガラス部分は約1mmでした。

iphone_depth_mesurement_171116_2.jpg
iPhone本体自体を薄くしなければならない関係上、ガラスに許される厚みは約1mmなのでしょう。

流石に割れるわけです

iPhone修理GENIE名古屋店では、皆様からの単純な質問にも調査してお答えします
何かありましたら、こちらフリーダイヤルまでご連絡下さい
もちろん 本業のiPhone修理も名古屋駅前でサービスの提供をしています。
よろしくお願いします
**********************************
名駅徒歩3分 即日修理
iPhone修理GENIE名古屋店
名古屋市中村区名駅3-24-10 真生ビル4階
http://www.genie-nagoya.jp/
フリーダイヤルは0120-964-130
iPhone画面割れ 液晶割れ バッテリー交換など可能
なんでもご相談ください
**********************************

修理を予約する